「 近畿 」一覧

全11件中 1〜11件目を表示

「淡路島ナゾのパラダイス」が立川水仙郷である事をうっかり忘れていたので水仙の花を見に行きました (全2ページ)

「淡路島ナゾのパラダイス」が立川水仙郷である事をうっかり忘れていたので水仙の花を見に行きました (全2ページ)

兵庫県淡路島の最南端に位置する洲本市由良地区。その集落から大きく離れた島の南側、もはや秘境とも呼べる土地に伝説の「淡路島ナゾのパラダイス」がある事はよく知られて...

>記事全文を読む

廃墟化して崩落の危険で大迷惑!非常に有難くない淡路島の「世界平和大観音」とは

廃墟化して崩落の危険で大迷惑!非常に有難くない淡路島の「世界平和大観音」とは

兵庫県の離島「淡路島」…大阪湾を隔てて神戸市や大阪市とも接する、この関西を代表する離島は明石海峡大橋の開通以降、阪神地域から日帰り旅行が出来るレジャー観光の島に...

>記事全文を読む

川西の電波床屋「外八理容」の衝撃。書いてる文章の意味がマジで分からない件

川西の電波床屋「外八理容」の衝撃。書いてる文章の意味がマジで分からない件

兵庫県川西市と言えば大阪から阪急宝塚線またはJR宝塚線(福知山線)に乗って行く街で、神戸というよりは大阪のベッドタウンといった感じの所です。この街におかしな電波...

>記事全文を読む

西成区・西天下茶屋銀座商店街の絶滅危惧種激渋純喫茶「マル屋」が最強過ぎる件 (全2ページ)

西成区・西天下茶屋銀座商店街の絶滅危惧種激渋純喫茶「マル屋」が最強過ぎる件 (全2ページ)

大阪という街はDEEPの牙城である。レトロ物件の宝庫だったりヤバイ人間の坩堝だったり色々濃すぎる訳であるが、その中でも「西成」はあまりにコア過ぎて日本の最低辺社...

>記事全文を読む

消えた関西の新地…貝塚市「貝塚遊郭」と遊女の墓を訪ねる (全2ページ)

消えた関西の新地…貝塚市「貝塚遊郭」と遊女の墓を訪ねる (全2ページ)

大阪の遊郭と言えば飛田新地や松島新地など、戦後の売防法施行後も非公然なんとか地帯として平成の世に生き残る「現役遊郭」が存在する日本国の法律が果たして通用している...

>記事全文を読む

【壮大な税金の無駄】総工費581億円!雇用・能力開発機構の豪華職業体験施設「私のしごと館」の中はこうなっていた

【壮大な税金の無駄】総工費581億円!雇用・能力開発機構の豪華職業体験施設「私のしごと館」の中はこうなっていた

この施設が何かを説明する前に、まずは下記のニュース記事をどうぞお読みになって下さい。 【関西の議論】581億円つぎ込んだ勤労体験テーマパーク「私のしごと館...

>記事全文を読む

福知山の盛り場・中ノ町飲食街内「浮世小路」の看板に描かれた花魁がやけに艶かしい件 (全2ページ)

福知山の盛り場・中ノ町飲食街内「浮世小路」の看板に描かれた花魁がやけに艶かしい件 (全2ページ)

京都観光なんて聞くと定番過ぎて欠伸が出そうなくらい聞き飽きたネタだったりするのだが、逆に京都市以外の京都府の街というのはいたってマイナーで、特に日本海側まで「京...

>記事全文を読む

まさに生ける廃墟!過疎化が止まらない気の毒過ぎるショッピングモール、これが「ピエリ守山」だ! (全5ページ)

まさに生ける廃墟!過疎化が止まらない気の毒過ぎるショッピングモール、これが「ピエリ守山」だ! (全5ページ)

日本全国、どんな地方にでも存在するショッピングモール、それは一面から見ると日本の街並みの没個性化を招いたり古い商店街が駆逐されたりと、街の歴史や個性に関心の深い...

>記事全文を読む

これは美しすぎる水上集落!丹後半島・伊根町「舟屋の里」を訪ねて

これは美しすぎる水上集落!丹後半島・伊根町「舟屋の里」を訪ねて

京都府が縦長過ぎて日本海に繋がっているとは京阪神圏の人々にはなかなか実感できないものだが、やってきたのは京都府丹後半島にある伊根町という所。京都市から130キロ...

>記事全文を読む

福知山・猪崎新地跡を訪ねる 陸軍歩兵二十連隊のお膝元、由良川沿いにある北近畿屈指の遊郭

福知山・猪崎新地跡を訪ねる 陸軍歩兵二十連隊のお膝元、由良川沿いにある北近畿屈指の遊郭

最近花火大会の屋台爆発事故で話題になっている京都府福知山市を訪れた。というのも、丹後半島観光が目的で福知山で一泊したのが厳密な理由なのだが、この福知山という街は...

>記事全文を読む

阪急十三駅前の著作権違反ストリート・波平通りから「鉄わん波平」が消えてしまった件

阪急十三駅前の著作権違反ストリート・波平通りから「鉄わん波平」が消えてしまった件

大阪の十三(じゅうそう)という街は阪急梅田駅から電車ですぐの位置にある下町であり歓楽街。神戸線、宝塚線、京都線と阪急の主要三路線が3つに枝分かれするのがここ十三...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

新日本DEEP案内へようこそ

2013年2月、コンテンツがゲス過ぎる旧日本DEEP案内から比較的まともなレポートのみ分離独立。日本全国の街ネタ情報、裏街徘徊等など、気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る