金沢版新宿ゴールデン街?元青線だったらしい金沢市・片町「新天地商店街」を歩く (全2ページ)

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

複合商業施設「ラブロ片町」の裏手あたりに「片町新天地」という趣深い飲み屋街が広がっている。

片町新天地は片町の繁華街の一角を担う居酒屋横丁となっていて周辺同様飲食店が連なっている。昔は青線だったという話もあり一度様子を見てみたかったのだ。

元青線の飲み屋街なんて聞くと新宿ゴールデン街のようなものを想像する訳だが、意外に建物は小奇麗にまとまってしまっていた。想像通りのアングラ感といったものはそれほど感じさせない。

全長50メートル程の路地がYの字状に走っている。百万石通りに近い側の店は割に普通な居酒屋が多く、まあなんだこんなものかといった印象。

だが路地が二股に分かれる辺りからちょっと雰囲気が独特な感じになってくる訳だ。再び現れる「新天地」の看板。その向こうは片方だけ店が並んでいてもう片方は背中を向けている。

その片方だけ店が並ぶ一角がちょっと怪しげ。だんだん場末酒場っぽくなってきた。よく分からないショッキングピンク&ブラックな外観の風俗店と見紛うような店まである。

昔ながらのオンボロ酒場プラス改装済み物件が入り交じった格好。若い子向けなオサレっぽい外観の店が多いのは金沢だからか?

そんな中で「廃墟か?」と思わせる外観の怪しげな店が一軒。鉄板焼芙蓉…まだ営業してるんでしょうか。してたら驚くぞ。あまつさえ玄関扉のガラスの部分がそっくりベニヤ板で隠されている。

しかし片方がまるっきり背中を向けてしまうと横丁の風情もどこか寂しいものである。綺麗にサイディングが施されている辺りも少し萎え要素。

なので今度はY字路を左に折れてもう一本の路地に入る事にした。こっちは随分バラックな感じが強い。

なんとも登りづらい螺旋階段の上に「新天地商店街振興組合事務所」の看板を掲げた事務所の入口がある。なんちゅー事務所やねん。デスクの出し入れもままならない狭さである。

その事務所の真ん前に立派な商店街マップ看板が置かれていた。どうやら「ふれあい地蔵通り」の別名があるらしい。

その名の通り。傍らには小さな地蔵尊が鎮座してあった。この新天地商店街、元青線だったという話は聞いていたが、どうやら現役であるという話も聞く。実際の所はどうなんでしょう。お地蔵さんに聞いたらバチが当たりそうなのでやめておいた。

>2ページ目を読む


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

スポンサーリンク
トップへ戻る