そこは米軍基地の中のレストラン 嘉手納マリーナ「シーサイドリストランテ」

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

沖縄が米軍基地だらけになっているのは一見の観光客でもよく知られた事実なのだが、基地の中がどうなっているのか部外者が見に行ける機会というのは本土の横田基地や横須賀基地、キャンプ座間などと同じく年に数回あるフレンドシップデーなどの特別な行事がある時くらいで、ましてや旅行者として数日間沖縄に滞在するだけで限られた日程ではわざわざ米軍基地の中に入ろうとは考えも及ばないはず。しかし基地の島・沖縄には年中一般人の立ち入りを許可している米軍施設がある。嘉手納町にある嘉手納マリーナだ。

嘉手納町 嘉手納マリーナ

嘉手納マリーナは広大な面積を誇る嘉手納基地の中にあるが、国道58号線に分断された西側の一角に位置している。ここは基地というよりは米軍関係者の保養施設的な場所で、国道58号沿いに分かりやすい案内看板が出ているので目につきやすい。敷地内にシーサイドリストランテというレストランがあり、ここも一般客の利用が可能。

嘉手納町 嘉手納マリーナ

嘉手納マリーナの入口には一応ゲートもあるがチェックはなく勝手に入れてしまう。中に入るとそこはもう日本国の法律が通用しないアメリカ合衆国になる訳だが、駐車場には地元民の車も結構止めてあったりする。その正面にシーサイドリストランテがある。のっけからアメリカ~ンな雰囲気全開。沖縄って独特ですねこういうところが。

嘉手納町 嘉手納マリーナ

駐車場の脇にはヨットが沢山置かれていて、いかにもマリーナらしい。あくまで米軍関係者がバケーションを楽しむ場所なので、我々は傍目から見るだけしか出来ない訳だが。

嘉手納町 嘉手納マリーナ

目の前にはなんとビーチまであってリゾート気分丸出しである。当然ながら砂浜で寝転んでいるのはアメリカ人しか居ない。沖縄にはあちこちに米軍の保養施設があるが部外者が自由に出入り可能なのは多分ここだけだったような。逆に言えばレストランとビーチくらいしか無い場所だからな。他にも国頭村のオクマビーチにもサーフサイドレストランというのがあるんだけど、あっちは国頭村民の同伴が無ければ入場できない。

嘉手納町 嘉手納マリーナ

注意書きもやはり英語表記。日本人の利用は端から想定外のようである。

嘉手納町 嘉手納マリーナ

それでは我々もシーサイドリストランテでランチタイムでもしましょうかね。また当サイトらしからぬおスイーツ丸出しな展開になってきましたが…まあここまで来て入らずに帰るのも矛盾してるでしょうよ。第一、腹減ってるし。

嘉手納町 嘉手納マリーナ

当たり前だけどここは米軍関係者向けのレストランになっているので、メニューは全部英語表記だしお代もやはり米ドル表記。しかしウエイター・ウエイトレスの皆様は殆ど全員ウチナーンチュで、こちらが英語わかんなーいと反応しない限りはあちら方も英語で接客してこられます。不思議な気分です。アメリカの飯なんて…と思う事勿れ。メニューはかなり豊富。ブレックファースト的なものからステーキまで、どれにしようか暫し悩んだ末に…

嘉手納町 嘉手納マリーナ

やっぱりアメリカらしくここはハンバーガーでも行っときますかね、という事でアボカドトッピングなんぞ付けてオーダーしましたよ。そしたらこんなん来ました。でかい。否応なくアメリカンサイズだ。しかもバンズもポテトも焼きたて揚げたてで香ばしいし全体的にすんごい旨い。日本国内にあるどのハンバーガーチェーンのものよりも確実に旨い。米兵さんはいいもの食ってますね。たかだかハンバーガーと侮れん一品だ。

嘉手納町 嘉手納マリーナ

レストラン内は屋内とテラス席に半々くらいに別れているものの、客の多くが海の見えるテラス席をご希望される。客層はアメリカ人7割、日本人3割くらいだろうか。地元ではそれなりに有名でリピーターも多いようだ。お金を払う時は欧米式にテーブル会計でドル払いが基本になる。日本円も一応使えるんだけど、我々が利用した時は1ドル100円計算だった。釣りはドル札で帰ってくるので、これはチップとしてテーブルの上に置いて帰ると良い。ここならドライブのついででも気軽に寄る事が可能だし、是非沖縄の米軍施設の雰囲気を体験していくと良い。

関連ランキング:パスタ | 嘉手納町


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

スポンサーリンク
トップへ戻る