「 北海道 」一覧

全52件中 16〜30件目を表示

NO IMAGE

これが試される大地か…函館駅前の荒んだ街並みを見る (2)

函館駅前の通称「セキセン」と呼ばれているらしい赤線地帯の現状を観察するためにやってきた我々取材班だが、駅前にも関わらず廃墟と空き地だらけの荒んだ街並みを目にして...

>記事全文を読む

NO IMAGE

これが試される大地か…函館駅前の荒んだ街並みを見る (1)

函館駅前に広がる「戦後のドサクサ」の残滓、歯抜け状態の土地に立ち聳える古ぼけたスナック街「セキセン」を見にやってきた我々取材班。先ほどの砂利道小路ばかりでなくま...

>記事全文を読む

NO IMAGE

北海道室蘭市・隔絶された丘の上の団地「白鳥台」

北海道室蘭市、日本有数のコンビナート地帯として川崎や四日市、北九州などと並ぶ道内きっての工業都市である。大きく突き出た半島の先に作られた中心市街地に続く巨大な白...

>記事全文を読む

北海道の洞爺湖に「チ○コ島」という冗談みたいな名前の島がある

北海道の洞爺湖に「チ○コ島」という冗談みたいな名前の島がある

洞爺湖は火山活動によって出来たカルデラ湖で、その湖畔には洞爺湖温泉があり北海道の雄大な自然環境を求める観光客の姿で賑わっている。

>記事全文を読む

歓楽街温泉から中国人向け温泉にシフトした「洞爺湖温泉」の夜を歩く (全2ページ)

歓楽街温泉から中国人向け温泉にシフトした「洞爺湖温泉」の夜を歩く (全2ページ)

北海道もまた温泉の宝庫で、道内各地に観光客で賑わう温泉地が点在している訳だが、洞爺湖温泉もその中の一つ。

>記事全文を読む

NO IMAGE

財政破綻の街「夕張」を歩く 沼ノ沢の廃墟商店

南北にひたすら長い夕張市街巡りもこれが最後である。最後は沼ノ沢界隈の街並みを案内したい。 JR沼ノ沢駅は夕張市役所の手前15キロ程の場所に位置している。札幌や...

>記事全文を読む

NO IMAGE

財政破綻の街「夕張」を歩く 南清水沢の炭鉱住宅

南清水沢駅近くに、かつての炭鉱労働者を受け入れていた公営住宅が沢山残っている。 この界隈では物凄い数の住宅が今でも見られるのだが、やはり空き家が多いらしく建物...

>記事全文を読む

NO IMAGE

財政破綻の街「夕張」を歩く 夕張市南清水沢

夕張市の街並みを北側から順に辿ってきた。谷あいに開けた夕張の街はあまりに広範囲で、日帰りでざっと見て回るには無理がある。清水沢からさらに手前に戻ってくると南清水...

>記事全文を読む

NO IMAGE

財政破綻の街「夕張」を歩く ダムに沈む大夕張

夕張市清水沢から大夕張地区へ行く途中にある南部地区に、かつての三菱大夕張鉄道の名残りを留める南大夕張駅跡を利用した車両保存基地がある。 大夕張鉄道線は大夕張炭...

>記事全文を読む

NO IMAGE

財政破綻の街「夕張」を歩く 廃れ行く南部地区

清水沢から夕張本町方面とは別に分岐する国道452号(夕張国道)を登っていくとその先には南部という街がある。街はおおまかに西側の遠幌、東側の南大夕張に分かれている...

>記事全文を読む

NO IMAGE

財政破綻の街「夕張」を歩く 清水沢ダム

夕張川の本流は清水沢から先、夕張市の市街地を避けるように東側の谷を遡り、その上流には南部地区、シューパロ湖、そして大夕張地区がある。まず清水沢の街から少し上流に...

>記事全文を読む

NO IMAGE

財政破綻の街「夕張」を歩く 清水沢の商店街 (2)

「北炭夕張新炭鉱」の城下町であった、夕張市清水沢駅前の商店街を引き続き歩き回ってみる事にする。裏手の路地にもまだまだ商店街の残骸が続いている。 人口1万人にな...

>記事全文を読む

NO IMAGE

財政破綻の街「夕張」を歩く 清水沢の商店街 (1)

夕張の市街地は本町や若菜などの中心市街地と清水沢、さらに南部、沼ノ沢、紅葉山とおおまかに5つのエリアに広範囲に散らばっているが、それらは全てかつての炭鉱を中心に...

>記事全文を読む

NO IMAGE

財政破綻の街「夕張」を歩く 夕張メロン直売所

夕張市の市街地は谷あいに挟まれていて南北に細長い。最も山側の奥地に位置する夕張市の中心市街地から南側に下っていくと鹿ノ谷、清水沢、沼ノ沢といった街を抜けて新夕張...

>記事全文を読む

不朽の名作、聖地巡礼!夕張市「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」

不朽の名作、聖地巡礼!夕張市「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」

奇しくも「財政破綻」で全国的な注目を浴びる事になった夕張の街も、これまで一般的に知られていたのは映画「幸福の黄色いハンカチ」が存在したからである。北炭夕張炭鉱が...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

新日本DEEP案内へようこそ

2013年2月、コンテンツがゲス過ぎる旧日本DEEP案内から比較的まともなレポートのみ分離独立。日本全国の街ネタ情報、裏街徘徊等など、気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る