うっかり私有地に道路を作って泥沼化!平成の関所「波崎シーサイド道路」の私有地問題 (全2ページ)

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

鹿島臨海工業地帯などで知られる茨城県の南東部、利根川河口の銚子港をのぞみ、鹿島灘に面して大きく角状に出っ張った先端部に、波崎という街がある。

現在の波崎町は神栖市の一部となっているが、この波崎の街を鹿島灘沿いに縦断する「波崎シーサイド道路」がかなりヤバイと聞いていたので、ドライブがてら立ち寄る事にした。

通常、東京方面から波崎シーサイド道路へは銚子方面から来る事になる。同じ茨城県の中でも限りなく端っこにあり千葉県銚子市と生活圏が近い土地柄で、東関東自動車道経由だと遠回りになってしまうからだ。

銚子大橋を渡って5分もすれば波崎シーサイド道路に辿り着く。シーサイドとは言うが、確かに海沿いを走っているとはいえ、防風林に阻まれて直接鹿島灘を拝む事は出来ない。

この波崎シーサイド道路、全国的にも稀な土地トラブルを抱えているオマヌケな道路として知られている。現在は神栖市の「市道」で、波崎町から鹿島灘沿いに北上する全長20キロ近い道路のうち、一部が「私有地であることが判明した」ために通行止めになっているというのだ。

そのため、シーサイド道路を通ってきたドライバーは、私有地のかなり手前の場所で見ての通りの「これより先一般車輌進入禁止」の警告看板に従って、大きく迂回する必要があるのだ。

第一の通行止めバリケードの前には、神栖市による案内板が立っている。迂回のために私有地を含む約5キロの区間(広域波崎RDFセンター~しおさい苑付近)を行政が「通行止め」に指定されている訳であるが、このトラブルは神栖市となる以前の波崎町の頃から続いていて、半永久的に解決の見込みはないようだ。

通行止めという看板が立っているものの、この先にある「波崎シーサイドキャンプ場」の利用者は通っても構わないそうだ。ひとまずトラブルの中心にある「私有地」とやらを見ない事には気が済まない。そのまま先へ急ぐ。

ここから先は度々「通行止」と書かれた看板とバリケードで道が半分塞がれている箇所をあちこちで目にする事になる。しかし地元民と思しきドライバーが割と頻繁に通っているのを見ると、本当に通る事が出来ないのか?という疑問が湧いてくる。

海に近いという事もあって道路脇には大量に海砂が積もっている。夏の海水浴シーズンになると、レジャー客やキャンプ場の利用者などでかなり賑わうという。東京から車で2時間もすれば来られる場所だし。

件の「私有地」に近づくにつれ、警告看板の密度もどんどん高くなってきた。ただならぬ雰囲気がしてくる。

そして次の警告看板には「この先、私有地。進入した場合、地権者より料金を要求されます。」と書かれていたのだ。まるで私有地と行政との非武装地帯であるかのようだ。いわば行政側からの最終警告。これ以上進んだら銃殺されそうな勢いだ。

しかしそれにも怯まず実際の「私有地」までどんどん突き進んで行こう。

ついに行政側も嫌がらせのように道路の左右に交互にバリケードを設置してまで車の通行を拒む異常な光景が見られる。しかしキャンプ場や海水浴場もこの先にあるので、知らずにレジャーに来た客はひたすら混乱する事必至。

最後はシーサイド道路自体が封鎖されて、脇道の「有料駐車場(私有地)」に誘導される事になる。道路を通せんぼしている看板の上には赤いパトランプまで回っている。我々の他には誰もいない。本格的にヤバイ空気になってきた。

とうとう「私有地」が迫ってきた。道端のポリタンクにまで執念深く「私道私道私道私道」と書かれている所が実に不気味だが、修悦体に似た何気に芸術的なフォントである。

もしも「私有地」に入り込んだ場合はどうなってしまうのか。

「無断進入した場合は、五百円を徴収されます。」

…これは500円が惜しいなら今すぐ引き返せという意味なのか。

しかし地主に事情も伺いたかった事もあるので、構わず先に進む。そもそも地主に通行料を払って通る為にはそのまま進む以外にないのだ。

>2ページ目を読む


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

スポンサーリンク
トップへ戻る