これが試される大地か…函館駅前の荒んだ街並みを見る (1)

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

函館駅前に広がる「戦後のドサクサ」の残滓、歯抜け状態の土地に立ち聳える古ぼけたスナック街「セキセン」を見にやってきた我々取材班。先ほどの砂利道小路ばかりでなくまだまだ見所があるのでさっくり回って見ていきたい。

通称「セキセン」と呼ばれるスナック街の周囲にもそれとなく赤線地帯の名残りを匂わせる物件があれこれと見受けられる。スナック街の通りの裏手に回ると周囲殆ど空き地か駐車場しかない寂れた土地に年季の入った旅館が一軒。もしや連れ込み旅館か…

そして怪しいスナック街は高砂通りを挟んだ東側にまで広がっている。「セキセン」の範囲は砂利道小路に限らずもっと広いのだろうか。暗闇に浮かぶ「あかしや通り」のゲートが艶かしい。所々歯抜け状態になった土地にスナックが入居するモルタル塗りボロ家屋が点々と並んでいた。

さらにその奥にあるスナックもネオンが緑色で怪しさ満開である。開け放たれた扉の中から客とママが談笑する声が漏れていた。

ちなみに昼間訪れるとこんな感じのあかしや通り。ここだけ戦後の空間が切り取られてタイムカプセル状態になっているかのようだ。4~5軒のスナック店舗が連なっている。

路地の向かいに建っているスナックビルはもはや廃墟。荒れるに任せるといった所。青函連絡船があった頃はまだ活気があったんだろうな…

あかしや通りをそのまま抜けると、そこにもやはり歯抜けだらけの土地が続く。まるで焼け野原か何かと見紛う風景。一体どうなってるのか。一軒だけやけに屋根の立派な家屋が目に付く。旅館か何かの成れの果てだろうか。

高砂通り沿いにも何軒かそれっぽい物件が見られる。このへんのスナックも「それ」らしいんですが昼間に店の外観を見ただけでは白黒付け難い。

スナック街に隣り合って「民宿」がある辺りもいかにもな感じなんですが、念のため再度夜に通りがかったものの営業している感じはあまりしなかった。たまたまですかね。

少し東に離れた若松広路とさかえ通りの交差点の角にもスナック街の廃墟物件が鎮座していた。本当この界隈はこんな物件ばっかり。一部文字が欠落した看板には「新天地」の三文字が。

スナック店舗のネーミングもなんだか古風過ぎて渋いです。「甲子(きのえね)」なんて今時店の名前に付けようと思わないよな。

若松広路側から建物を反時計回りに眺めてみる。隣のリサイクルショップらしき店はまだ廃墟じゃなさそうですな。

この「新天地」のビル、裏手の通りに向けて逆L字型に伸びている。通りぬけ出来たのかもしれんが今では完全に廃墟だし中の様子はわかりようもないよな。

もう二度と開く事はなかろう、かつての社交場の玄関ドア。雑草伸び放題。

建物の隙間に目を凝らすとゴミの不法投棄が酷い。なんともカオスな光景だ。

函館物語 (集英社文庫)
函館物語 (集英社文庫)

posted with amazlet at 12.08.01
辻 仁成
集英社
売り上げランキング: 319854
函館 街並み今・昔
函館 街並み今・昔

posted with amazlet at 12.08.01
木下 順一
北海道新聞社
売り上げランキング: 429661
The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

スポンサーリンク
トップへ戻る