沖縄アクターズスクールと又吉イエス・世界経済共同体党

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

那覇市から国道58号沿いに10キロ少々、都心から郊外の風景に変わろうとする宜野湾市大山のあたりに来る。
30-837.jpg
沖縄人には「ゴッパチ」と呼ばれる沖縄本島縦断の大動脈、国道58号。日夜交通量の多い国道に沿って店が建ち並ぶその一角に、芸能界において日本中にその名を轟かせるタレント養成スクール「沖縄アクターズスクール」の事務所がある。


30-836.jpg
確かにこの辺を見ると郊外の風景なのだが、宜野湾市大山界隈はかなり市街地化が進んでいて国道沿いの店も多い。那覇市からも充分通勤通学圏内だ。
30-839.jpg
「特殊毛髪、医療用脱毛、琉装ウミナイビカタカシラ特注製作」などとやたら見慣れぬ言葉が並ぶ個性的なかつら専門店があったり…
30-840.jpg
なぜか建物にアメリカンな臭いを漂わせる中華レストラン?などがある。
30-829.jpg
沖縄アクターズスクール」という名前はテレビなどで少なからず聞いた事があるはずだ。かつて90年代の小室プロデュース黄金期に安室奈美恵やらSPEED、MAXといった歌手やアイドルユニットを次々輩出し、芸能というカテゴリーにおいて沖縄の存在を広くアピールした。
さすがに全国的に有名なタレントスクールだけあって立派なビルを構えている。
30-830.jpg
安室奈美恵は今でも活躍しているが、Withスーパーモンキーズとついてしまうと殊更90年代を知るオッサンオバハンしか反応しない。十年一昔とは言うがもう20年も前の話だぜ。歳取るの怖いわもう。
30-831.jpg
そんな沖縄アクターズスクールは今でも健在。ただでさえ産業基盤の弱い沖縄では芸能界に活路を見出す動きは昔から根強い。音楽においても夏川りみやTHE BOOM、BEGINといった歌手が全国区で有名。
30-832.jpg
「無料体験レッスン受付中」らしいですよ。我々取材班は遠慮するけどいっぺん芸能人の素質があるか見てもらえばいい。ただ生徒と思われる子供の姿がいた。
年端も行かない頃から「お前は芸能界を目指して成功するのさー」などと教育されるのだろうか。それはそれでどうかと思うが。
30-835.jpg
沖縄アクターズスクールだけだとDEEP案内のレポとしてはシケた感じに終わってしまいそうだが、当然それだけではない。この超有名タレントスクールのすぐ隣にある古い平屋建ての琉球家屋にも、ある方面で超有名になった伝説の泡沫候補が選挙事務所を構えていたのだ。
30-838.jpg
今ではバイク屋に変わっているが、以前ここには「世界経済共同体党」と名乗る泡沫政党が事務所を構え、自ら唯一神と名乗る又吉光雄もとい「又吉イエス」が選挙活動の拠点としていたのだ。
30-833.jpg
又吉イエスの沖縄での選挙活動は1997年から2002年まで、地元の宜野湾市長選挙、名護市長選挙、沖縄県知事選挙と何度も出馬しているが落選。
matayoshi.jpg
最後の2002年での沖縄県知事選挙で「沖縄県民が唯一神又吉イエスを次期沖縄県知事にしないと言うなら、本世界経済共同体本部は東京に持って行く。それは沖縄県の子や孫・ひ孫達、更に末代までの沖縄県の恥になるが、それでもいいのか。」と仰々しい看板を党本部の前に掲げていたがそれでも落選。
翌年2003年に沖縄を離れて活動拠点を東京・高田馬場に移して衆参両院選を戦いつつも毎回落選し現在に至る。
30-834.jpg
玄関脇には以前は世界経済共同体党が黄色地に黒と赤の文字で仰々しく政治的主張が書かれていた看板があったのだが、それも無くなっている。
30-828.jpg
近所に「レジデンス又吉」というマンションがあったんですがこれも唯一神又吉イエスと関係あるんでしょうか…まさかとは思うが、沖縄で又吉姓は珍しいものではない。
ちなみに又吉光雄氏は軍用地主で、毎年米軍普天間基地の土地代が日本政府から支払われそれが結構な収入となるので東京で選挙活動が出来ると聞いた。
世界経済共同体党発祥の地を訪れてみて感無量。沖縄アクターズスクールの隣という立地が奇遇過ぎる。なんの縁だろうか…
唯一神又吉イエス
又吉イエスFLASH

沖縄アクターズスクール公式ガイド―めざせ、スーパースター!
原 智子
ネスコ
売り上げランキング: 1012130
再臨のキリスト、唯一神又吉イエスは日本・世界をどうするか、どのようにするか
唯一神又吉光雄イエスキリスト
那覇出版社
売り上げランキング: 653629
The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

スポンサーリンク
トップへ戻る